不眠症・不登校専門カウンセリング 株式会社ユーキューズ

不眠症・不登校専門カウンセリング|株式会社ユーキューズ  私たちは『眠りにつけなくて悩む人を1%以下にします!』


眠りにつけない方の助けになればと思います。


眠りにつく方法をお話しします。

はじめまして。心理療法カウンセラーの深谷修治と申します。

「毎晩2時間は眠りにつけない・・・」

「何度寝返りを打っても眠りにつけない・・・」

「同じことを何度も考えて眠りにつけない・・・」

「深呼吸をしても眠りにつけない・・・」

「腹式呼吸をしても眠りにつけない・・・」

「眠くなる音楽、ホットミルク、ストレッチを試したけど眠くならない・・・」

「眠る前に30分間部屋を暗めにしても眠りにつけない・・・」

「眠る前にパソコンやスマホを控えても眠りにつけない・・・」

「布団や枕を変えても眠りにつけない・・・」

と何をやっても眠りにつくことができず苦しんでいませんか?

「薬がどんどん強くなっていく・・・」

「ベッドに入るのが怖い・・・」

「このまま眠れないとおかしくなってしまいそうだ・・・」

と切羽詰まった状態に陥っていませんか?

体はどこも悪くないのになぜ眠りにつけなくなったのか分からず苦しんでいませんか?

もし腰が痛くて眠りにつけないとか明確な原因がなく眠りにつけないのでしたら

「余計な力が体のどこかに加わっていること」

が原因であることが考えられます。

たとえば戦場のような職場で体が緊張する状態が長時間続いていれば仕事を終えても全身に余計な力が残ってしまいます。

人が足りないからと過負荷な仕事をやらざるを得なくなったり、納期やノルマに追われて家に帰っても仕事のことが頭から離れなければ頭がオーバーヒートしたり、肩や首に余計な力が残ってしまいます。

もちろん仕事の合間に上手に気分転換したり根詰めすぎないようにできれば良いのですが、目の前にある業務に追われている中では頭で分かっていてもなかなか実践できないものです。

そもそも体に余計な力が加わっていることが当たり前になっていますと力が加わっていることも分からなくなります。


人の体には起きているときに活発になる交感神経とリラックスしたときに優位になる副交感神経があります。

この2つの神経のバランスがうまくとれていれば夜になると副交感神経が優位になって眠りにつくことができます。

でも眠るときに体に余計な力が加わっていますとどんなにリラックスしたつもりでも交感神経が優位な状態が続いてしまい眠りにつけないということが起こります。

つまり眠りにつくためには副交感神経を優位にしてあげればよいのですがそのためにはお風呂に入ってリラックスした程度では不十分で体の余計な力を完璧に取り除くことが必要になります。

もちろん腹式呼吸やストレッチなどにより余計な力を完全に取り除くことができれば良いのですが余計な力が加わった状態が日常化している場合にはあまり効果がないです。

一時的に力が抜けたとしましてもすぐ戻ってしまいます・・・


眠りにつくためには布団に入って

「余計な力を完全に取り除いた状態」

を継続して副交感神経を優位にしてあげれば良いのです。

それにより眠りにつくだけでなく深い眠りをとることもできるようになります。

夜中に目が覚めたとしましてもすぐ深い眠りにつくことができるようになります。


それではこれからお話しする睡眠導入法をお試しいただきまして効果をご確認いただけたらと思います。


眠りにつく方法をお話しします。


これからお話しするステップ1からステップ3をお試しください。

【ステップ1】
真っ暗で広くて浅い露天風呂に入ったつもりになりまして微笑みを作り、口をあけてお腹の底からゆっくり『ふ〜〜〜〜』と気持ち良さそうに息を吐いてください。

※布団の中ではなく、露天風呂に入ったつもりになってください。 頭で露天風呂に入っていることを考えようとしないで、単純に掛け布団や敷布団は露天風呂のお湯だと思ってください。

※仰向けに寝て、足を伸ばしてください。

※誰もいない露天風呂にザブ〜ンと入って気持ちいいと感じて思わず「ふ〜〜〜〜」と息を吐く感じです。




【ステップ2】
ステップ1と同様に浅い露天風呂の中で微笑みながら『ふ〜〜〜〜』とお腹の底から気持ち良さそうにゆっくり息を吐いて体全体の力を抜いてください。(もう力が抜けないなと感じるまで3回〜10回吸って吐くを繰り返してください)

※息を吸うときは鼻と口から自然に息を吸い込んでください。

※浅い露天風呂に入って、お湯の浮力で体が5cmくらい浮いたつもりになってください。(息を吐くとき力がより抜けます)

※体全体の力が抜けて、お腹の底から深く息を吐ききれるようになった(これ以上深く吐けない)と感じましたらステップ3に移ってください。(3回〜10回吸って吐くを繰り返すことにより徐々に力が抜けて、より深く息が吐けるようになります)




【ステップ3】
口を閉じて鼻で自然に息を吸い、鼻から気持ち良さそうに『ふ〜〜〜〜』と体の中に溜まっている力を息とともに吐き出し、体全体の力を抜き続けてください。

※寝る姿勢は仰向けから、眠りやすい姿勢(横向き、うつ伏せ等) に変えてかまいませんが、肩や腕に力が入らないように注意して姿勢を変えてください。(鼻から『ふ〜〜〜〜』と息を出しながら姿勢を変えますと余計な力が入りにくいです。)

※軽く微笑みながら鼻から『ふ〜〜〜〜』と力を吐き出して5cmくらい浮いていられるように体全体の力を抜き続けるのがコツです。

※布団を露天風呂のお湯だと思って、5cmくらい浮いていられるように鼻から気持ち良さそうに『ふ〜〜〜〜』とゆっくり力を吐いて体全体の力を抜き続ければ、いつの間にか眠りにつきます。




いかがでしょうか?眠りにつけましたか?


この睡眠導入法で眠りにつけるようになりましたらこの先をお読みいただく必要がありませんが

「うまくできないので教えて欲しい・・・」

「もっと早く眠りにつきたい・・・」

と思っていましたら面談カウンセリングにて直接ご指導いたします。

また

「もし別のもっと効果的な入眠術があるなら知りたい。」

とご希望でしたらまったく別の新しい入眠方法をお教えします。

新しい入眠方法は起きているときにも応用できまして、瞬時に交感神経と副交感神経のバランスを保つことができますので、仕事中にすばやく興奮した交感神経のはらたきを静めることができます。

したがいましてイライラしたりクヨクヨした気持ちを無くして気分転換できるとともに、交感神経と副交感神経のバランスの乱れにより発生する片頭痛(偏頭痛)緊張型頭痛過敏性腸症候群神経性胃炎強迫性障害も和らげることができます。

もちろん面談カウンセリングの中ではしっかりお話しをうかがったうえで、症状に合わせた形でご指導いたします。


面談カウンセリングの仕組み


面談カウンセリング時間は120分、費用は 32,400円(税込)です。

お支払方法:銀行振込(前払い)

面談カウンセリング場所はJR浜松駅から徒歩5分の浜松ルーム(静岡県)となります。
(新幹線(ひかり)をご利用いただきますと、新横浜から浜松まで70分、名古屋から浜松まで31分、新大阪から浜松まで85分です。)

お申し込みいただきますと、当日または翌日に面談カウンセリング希望日をお尋ねするメールが送られてきますので、ご希望の面談カウンセリング日時を指定して返信ください。(土日祝も指定できます)

面談カウンセリング開始時間は10時14時19時からお選びください。

予約が重複する場合には改めて希望日をお尋ねします。

お支払いは銀行振込による前払いとなります。 面談カウンセリング日が決まりましたらお振込みください。

面談カウンセリングは匿名で受けつけています。
面談カウンセリング中、または面談カウンセリング後に名前をお尋ねすることはございません。

口座名義には名前を入力しないで、こちらから指定する番号のみを入力していただきます。

それから身につけたことを後日振り返るときに利用していただくために面談カウンセリング中、必要に応じてメモをとることをすすめしています。

メモ用紙と筆記用具をご持参ください。


※お申込み後すぐの自動返信はございません。お申し込み日の翌日の夜になりましても「お申し込みありがとうございます」というタイトルのメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので再度お申し込みください。また携帯(スマホ)の受信設定がPCメール受信拒否になっていますと届きませんので事前に受信設定をご確認ください。


「不眠の原因=ストレス」という間違った常識を信じていませんか?


あなたはすごく真面目な性格で仕事にも人間関係にも気を使って一生懸命取り組んできたと思います。

現場の最前線で働き、成果をあげることを使命とされたあなたは自分のことだけでなく後輩や部下の面倒も見なければならず四六時中、仕事の事が頭から離れなくなりがちです。

また、仕事以外にも嫁姑問題や子育てや子供の教育など考えることが多く、心が休まる時間が減ってきますので、睡眠不足で悩む方が増え続けるのもごもっともなことです。

睡眠に関する悩みを上司や同僚、親や友達に相談しましても、

「目をつむっていればそのうち眠れるよ」

とか

「そんなのストレスが原因だよ。眠れなければ寝なければいいんだ。気にしすぎだよ。」

といった無責任な回答が返ってきがちです・・・

また、不眠症外来の医師に診てもらいましても

「仕事や人間関係のストレスが原因でしょう。まずは薬を処方しますので、これで様子をみましょう」

と診断されることが多いのではと思います。

でも正確にはストレスが不眠のきっかけになることがあっても、ストレス自身が不眠の原因ということではありません。

そうでないとストレスが無くならない限り、あなたの睡眠に関する悩みは解決しないということになってします・・・

現代社会においてストレスゼロの状態なんてあり得ないです。

必要なことはストレス自体を無くすことではありません。

ストレスがあってもそれが心身に影響を及ぼさない状態を意図的に作り上げることなのです。


いきなりこんなことを言って申し訳ないのですが・・・


大きく分けて不眠には、入眠障害(入眠困難)、中途覚醒、早朝覚醒の3種類に分類することが出来ますが、中途覚醒、早朝覚醒でお悩みの方は新しい入眠法では効果が期待できない可能性があります。

私が救うことができるのは、仕事や人間関係のストレスやプレッシャーがきっかけとなり、思うように眠りにつくことができない不眠タイプの方です。

私が支援してきた方々の経験を基に、そのようなタイプの方がどうかを判定するためのチェックリストを作成いたしました。

以下のチェックリストに基づき自分のタイプを判別していただき、あなたには当てはまらないと思ったら他の方法を探していただきたいのです。

では、ご自分があてはまるかチェックしてみてください。

●身体の限界を超えても、無理して仕事を続けてしまう

●仕事が忙しくなるとすぐ睡眠時間を削ってしまう

●布団に入っても仕事のことを考えてしまう

●体調が悪くても仕事を優先しまう

●忙しくても頼まれた仕事は無理をしてでも受けてしまう

●叱責を受けて落ち込んでしまい引きずってしまう

●こだわりが強いと良く言われる

●すぐカッとなってしまう

●言いたいことをグッと堪えて我慢してしまう

●自分の思い通りに部下が動かないとイラっとしてしまう

●「なんで俺ばかり」と被害妄想を感じるときがある

●趣味が少なく、気分転換が上手にできない

●最後は、自分ひとりで問題をなんとかしようとしてしまう

もし、あなたが、このチェックリストに5つ以上当てはまるのであれば、新しい入眠法はあなたに効果があると思われます。


あなたにも心当たりありませんか?


連日の残業で身体は相当疲弊しているにもかかわらず、精神は常に張り詰めたままの状態が続いていて、毎晩、次の日の仕事の段取りが頭から離れず、布団の中に入っても考えるのはそのことばかり。

いくら眠ろうとしても、クレーム対応の作戦や部下への指示が頭に浮かび、 眠れません。

暗闇の中でカチカチと動く秒針の音だけが響く静寂の中で、早く眠らなければと悶々としながら何度も寝返りをうちますが、無常にも時間だけが経過していきます。

枕の高さを変えてみたり、寝る姿勢を変えてみたり、海辺の風景を思い浮かべてみたりと、リラックスしようと試みますが、ふと気が付くと上司へどのように報告するかと言ったアイデアが頭をグルグルと廻ります。

これではいけないと、本で調べた眠りにつく方法を色々と試してみますが、やはり眠れません。

こんな毎日を繰り返していると、まったく眠った気がしないため、当然疲れもとれません。

それでいて、会社に行けば異常な忙しさに振り回され、身体は動いているのに、常に頭はフワフワとした状態で集中力も欠けてきます。

部下から呼ばれても気付かなかったり、上司の指示にも気のない返事をしてしまったり。

しかも、重役が出席するような重要な会議のときに限って急激な眠気が襲ってくる・・・


睡眠薬のほうが


一般に不眠治療といいますと睡眠導入剤を服用することを想像すると思います。

確かに、睡眠導入剤を勧める本もありますが、本当に薬を飲む必要があるのでしょうか?

薬はあくまで眠れない症状を抑えるだけの対症療法です。

柱が折れて傾きかけた家を添え木で支えたとしても、それは体裁だけ整えただけで何らの根本的な解決にもなっていません。

しかも、薬は頭の感覚を無理やり麻痺させてしまいます。

睡眠薬の多くが該当するベンゾジアゼピン系の薬は眠りにつくために必要な副交感神経を優位にしようとしているのではなく、興奮している交感神経を抑えることを目的としています。

つまり、交感神経の興奮を無理やり抑えて、副交感神経を優位になったように見せかけることにより眠りにつかせようとしているのです。


睡眠薬では健康な眠りは得られません!


薬を飲んで効果があればまだ良いのですが、考えすぎているときは薬の効果が出なかったり、効き目が鈍くなり徐々に薬の量が増えてしまったり副作用から目眩がしたり、集中できなかったり、頭がボンヤリとする症状がでることもあります。

薬を飲んでも眠れないと余計に不安になりますし、薬を減らせば反動があります。また依存性などの副作用もあるかもしれません。今は知られていない身体への影響があり、何十年後かには、取り返しの付かない事態に陥るかもしれないといったリスクもあります。

新しい入眠法は、このような対症療法ではなく、免疫力を高め、自己治癒力を引き出すことにより、眠れなくなった根本原因を修復していくものです。

あなたの将来に渡る健康を考えたときに、薬に頼る対症療法と自らの自己治癒力を活用した入眠方法とどちらが有益とお考えでしょうか?


一番大切なこと・・・


もうちょっと、不眠が酷くなってから考えよう。

人は誰でも即決即断をするのは難しいものです。

しかし、睡眠に悩みがある状態を放置しておくと、大きな失敗を犯す危険性があります。

スリーマイル島の原子力発電所の事故は、作業員の睡眠不足が原因で発生したといわれています。

まだ大丈夫だと先延ばししていると、取り返しがつかない失敗を犯してしまうかもしれません。

それだけではありません。

今の状態のまま仕事を続けていると、仕事上での大きなミスだけでなく、 「うつ病」「自律神経失調症」「心臓発作」などの病気を発症する確率は確実に高まり、日常生活に支障をきたすだけでなく、最悪の場合、突然死にいたる可能性もあります。

もしかすると、あなたは今、自分が思っているより危険な状態かも知れません。

今すぐ「仕事」よりも「健康」を第一に考え、対処しなければ手遅れになります。

新しい入眠法を試すのを1日遅れたために、うつ病の症状が出てしまい半年の休職、あるいは退職を余儀なくされる事態に陥る可能性だってあるのです。

一度、うつ病になった方の中には再発を繰り返し、定職に就くことが困難になってしまっている人もいます。今の生活だけでなく、この先の人生をも失ってしまうのです。

仕事や人間関係も大切ですが今はまず眠りにつけるようになることを真っ先に考えてください。

ご自身の体が一番です。

何かあってからでは遅いのです。




※お申込み後すぐの自動返信はございません。お申し込み日の翌日の夜になりましても「お申し込みありがとうございます」というタイトルのメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので再度お申し込みください。また携帯(スマホ)の受信設定がPCメール受信拒否になっていますと届きませんので事前に受信設定をご確認ください。

 

▲PageTop


  眠りにつけない・・


株式会社ユーキューズ
〒433-8123
静岡県浜松市中区
幸4-23-27
電話053-488-5016